2016年05月07日

夏はスラッキーギターでハワイの音楽を弾こう

夏はスラッキーギターでハワイの音楽が似合います。

ハワイヤンといったらウクレレを思うかもしれませんが
普通のギターでも弾ける方法がありますよ。

スラッキーギターとは通常のギターの調律を変更して
弾くギターのことです。


ですからお手持ちのクラシックギターやアコギでもできます。
音の広がりがよくて気持ちいいです。


ハワイヤンには最適ですし、通常のよりはるかに簡単に弾けます。
ですから短時間でギターをマスターしたい人にはよい方法です。


調弦の仕方
調律はギターの一番低い弦ミの音(通常はEと表し6弦のことです)
この6弦を下げて「レ」に下げます。

次に5弦ラDはソの音にあわせます。
このように音を下げるのをスラッキーといいます。

EとDのスラッキーだけでハワイの曲を弾く人もいますが
通常は1弦ミ@もスラッキーします。


@ミをレにあわせます。
するとギターはGというコードになっています。


ギターを左指で何も押さえないで、全部の弦を上から下に弾いたら
Gというコード(和音)になるわけです。(これをオープンGといいます)

弾ける曲
ゆったりした響きを感じます。
ハワイヤンだけでなくポピュラー音楽も
弾きやすくなります。


たとえば「第三の男」や「星に願いを」など
簡単にひけるようになります。


この夏楽しんではいかがでしょうか^^





スポンサーリンク

posted by gorimi at 14:12 | スラッキーギター | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする