2016年09月22日

韓流にはまりました

最近韓流にはまっています。
見ているのは歴史モノ。
ヤフーのGYAO!で見ています。

「イサン」「ホジュン〜伝説の心医」「鄭道傳<チョン・ドジョン>」
など気にいいています。

中でも「ホジュン〜伝説の心医」はいいですね。
心医という意味は知らないのですが、
薬草や針などを使って治療していました。

また何よりも患者のことを心から気遣い励ましながら
治療を進めていく仕方には感動します。


「イサン」は将来伝説的な名王になるのですが、
斬新な改革と友を大切にすることで際立っています。

朝廷の派閥競争の中でそのことをやり遂げるには
大変な苦労がありますが、王を慕う有能な部下が
献身的に働きます。

見ごたえのある歴史ものです。


「鄭道傳<チョン・ドジョン>」は
朝鮮半島の歴史、中でも高麗が舞台の中心です。


この度初めて韓国のものを見ましたが、
俳優たちの熱のこもった迫力ある演技など
すごく良いなと思いました。


また子供たちも随分出演していますが
うまいの一言。なりきっています。
涙もボロボロ出しますよ。


また気づいた点としては
韓国の映画は動きだけではなく
顔の微妙な表情をよく捉えている感じがしました。


一応以上3つの映画を見終わったら
韓流は休みます。
でも大変よっかった。
新鮮な感じがしました。






posted by gorimi at 09:34 | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
スポンサードリンク