2017年01月09日

中流以上の家庭で「隠れ貧困」に陥ってしまう人の特徴

中流以上の家庭で「隠れ貧困」に陥ってしまう人の特徴 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20161016-01198329-sspa-soci

 特に贅沢をしていないのに貯蓄ができていなかったり、財布の中がいつの間にか空になっているなど、昨今「隠れ貧困」と呼ばれる人々が増えているという。

一見裕福そうにみえる家庭なのに、なぜ貧困に陥るのか? 急増中の「隠れ貧困」の確信に迫った。

◆「隠れ貧困」増加の原因は手取り収入の減少 なぜ、中流以上の家庭で「隠れ貧困」が増えているのか? その理由として経済ジャーナリストの荻原博子氏が指摘するのが、手取り収入の減少だ。

「額面は同じでも、税金が上がり、控除は減らされ、手元に残るお金自体は減っています」 ならば生活水準を下げるのが必然だが、そこで障壁となるのが人生の3大出費と言われる「住宅費・教育費・老後資金」だ。

「特に就職氷河期などを経験した40歳前後の場合、ネックになるのが教育費です。

競争社会で生き抜くには学歴が必要だという強迫観念があり、自分の子供への教育費は削らない。

こうしたジレンマに悩まされ、結果、隠れ貧困に陥ってしまう人が多いんです」(荻原氏) また、精神科医の春日武彦氏は「隠れ貧困の人に多いのが、『その気になればいつでも無駄遣いをやめられる』と思っていること」と指摘する。

「このように高をくくった態度は、アルコール依存症に似ています。

隠れ貧困とはある意味で“無駄遣い依存症”とでも呼ぶべき病理。

浪費そのものに人生の充実感や意味を見いだし、心の隙間も埋めているのだと思います。

したがって、普段から不満や不全感を抱き、勝ち負けにも敏感で、しかしそれを自分で認めようとはせずに外見ばかりを繕いがちな人が隠れ貧困に陥りやすいと思われます」◆判定チェックリストで10点以下は「隠れ貧困」予備軍! いまや誰もが当てはまる可能性がある「隠れ貧困」。

下記に荻原氏が作成した「隠れ貧困」判定チェックリストがあるので診断してほしい。

荻原氏は「このチェックで7点以下だった場合、隠れ貧困の可能性あり」と話すが、「10点以下の場合は“隠れ貧困予備軍”の可能性がある」と考えたほうがいいだろう。

<「隠れ貧困」判定チェックリスト>Q1.手取り年収はどれが一番近いですか?1500万円……5点1000万円……4点800万円……3点600万円……2点400万円……1点100万円……0点Q2.貯蓄額はどれが一番近いですか?1500万円……6点1000万円……5点700万円……4点500万円……3点300万円……2点150万円……1点なし……0点Q3.毎月の手取り収入からどれくらい貯蓄していますか?収入の30%……5点20%……4点10%……3点5%……2点0%……0点キャッシングしている……−1点Q4.住宅費(家賃、住宅ローン返済額など)は毎月の手取り収入のどれくらいですか?(親と同居、返済済みなどで)かかっていない……5点収入の10%……3点20%……2点30%……1点40%……0点★トータルで10点以下は「隠れ貧困」の可能性あり!◆あなたの隠れ貧困タイプは? 精神科医の春日武彦氏は隠れ貧困を4つのタイプに分類した。

それぞれの項目を見て、当てはまるものが多いのが自分の隠れ貧困タイプと言える。

これ以外にも、修繕積立金の値上げや親の介護など、不可抗力ではあるが、想定できたはずの出費で隠れ貧困に陥る「無計画出費」タイプもある。

予備軍はいつ下流に転落してもおかしくない。

<「隠れ貧困」の4つのタイプ>●見えっ張り消費・子供は私立に行かせたい・海外ブランドの家具や家電がある・セールやキャンペーンが好き・フードプロセッサーを持っている・年1回くらいは海外旅行に行きたい浪費は「他人から羨まれる振る舞いである」と考える人がこのタイプ。

勝ち負けに敏感だが、それを自分で認めようとはせず、外見ばかりを取り繕おうとする人に多い●ズボラ無駄遣い・駅の自動改札でひっかかったことがある・家計簿をつけていない・スマホの画面を割ったことがある・毎月の貯蓄額を決めていない・ケータイのプランをしばらく見直していない現状をしっかり把握できていない、見て見ぬふりをしているタイプ。

そのだらしない性格は、Suicaの残額を把握していないなど、日常生活でも表面化する●ストレス浪費・ピンときたら即決で買うことがある・何となくコンビニに立ち寄ったことがある・帰宅すると、とりあえずテレビをつける・晩酌をすることが多い・百貨店や高級スーパーで買い物をするストレスや将来不安が強く、そこから目をそらすために無駄遣いに走ってしまう。

また、寂しさなどによる心の隙間を埋めようと浪費してしまう人もこのタイプ●こだわり散財・色違いや同じような服や靴を持っている・有機や海外産など食の品質にこだわりたい・ウォーターサーバーを使ったことがある・加湿器や空気清浄機がある・出前の寿司を取ったことがある収入が多いから散財できるのだが、収入がなくなったら「いつでも無駄遣いをやめられる」と高をくくっている人が多い。

貯蓄のない現状には見て見ぬふりをしている★多く当てはまるものが自分の「隠れ貧困」タイプ!【荻原博子氏】経済ジャーナリスト。

難しい経済と複雑なお金の仕組みを、生活に根ざしてわかりやすく解説する第一人者として活躍。

著書に『隠れ貧困』(朝日新聞出版)など【春日武彦氏】精神科医。

都立中部総合精神保健福祉センター、都立松沢病院部長、都立墨東病院精神科部長などを経て、医療法人社団成仁病院に顧問として勤務アンケート/エコンテ リサーチプラス― 中流家庭を蝕む[隠れ貧困] ―

初心者FX


貯まる家計簿
posted by gorimi at 10:00 | 隠れ貧困 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年01月08日

おカネ持ちになれるか、すぐ判る「10の質問




"

おカネ持ちになれるか、すぐ判る「10の質問」 http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20170108-00149032-toyo-bus_all

 皆さんは、ウォール街の金融マンも学んでいる「お金持ちになる心理学」をご存じですか?  程度の差こそあれ、誰もがおカネ持ちになりたいと思っていることでしょう。

自ら進んで貧乏になりたいという人など、まずいないと思います。

少しでも金銭面で楽な生活をしたいからこそ、人は一所懸命に働きますし、節約に励んで、少しでも手元に資金を残そうとします。

■無理に節約して豊かな人生を送れるのか では、どうすれば少しでも多くのおカネを手元に残すことができるでしょうか。

私はマネーセミナーの講師として、資産運用や家計改善のアドバイスなどを行っていますが、そのセミナーで、受講者の方に簡単な「キャッシュフロー表」を作成してもらっています。

 キャッシュフロー表とは、ひとことでいえば「将来に向けての収支年表」のことです。

つまり、現在の収支状況や将来のライフイベントなどを考慮に入れたうえで、自分の将来の収支や貯蓄残高などを予測するのに用います。

この表をつくると、受講者の皆さんは、自分の老後が結構厳しいことに気づきます。

 たとえば、もし「70歳の時点で貯蓄が底を尽く」となったら、今のうちから何とかして貯蓄を殖やそうとするでしょう。

その方法のひとつとして、多くの人が口にするのが「もっと節約しよう」ということです。

それこそ夫の小遣いをカットし、趣味や外食の回数を減らし、なかには教育費を減らすために2人目の子供をあきめるというケースさえあります。

 でも、それで本当に豊かな人生を送ることができるでしょうか。

 もちろん、満足感につながらない無駄遣いは、止めたほうが良いと思います。

しかし、節約にばかり気を向けている人の多くは、なぜか収入を増やすことを考えようとしません。

 「会社の給料が増えないから仕方がない」のでしょうか。
貯まる家計簿




posted by gorimi at 16:28 | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

仮想通貨応用の道を広げるZcashとは?

仮想通貨応用の道を広げるZcashとは? http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170106-00000013-zuuonline-bus_all

Bitcoin(ビットコイン)をはじめとする、仮想通貨の認知度がここ数年で一気に高まっている。

2017年には改正資金決済法が施行され、仮想通貨についても法律で規定されることになった。

その結果、仮想通貨の取引所は法的根拠を持つ一方で、規制の対象にも組み入れられた。

仮想通貨への社会的な認知の高まりと並行して、新たな仮想通貨も登場している。

Bitcoinの他にも、Ripple(リップル)、Litecoin(ライトコイン)、MonaCoin(モナーコイン)、Ethereum(イーサリアム)など、多くの種類がある。

今回取り上げるのは、2016年10月28日にローンチされたZcash(ジーキャッシュ)だ。

その新たな仮想通貨の特徴を解説する。

■セキュリティが強化された “Zcash”Bitcoinで採用されたブロックチェーン技術は、日本円などの従来の通貨に比べて高い匿名性を実現した。

しかしBitcoinには「ビットコインアドレス」という、持ち主を区別するコードが個人に割り当てられていた。

つまり、現実の誰がそのBitcoinを所有しているのか特定できない一方で、誰かがそのBitcoinを持っていることまではわかるため、個別の取引情報を完全に秘匿することはできなかった。

別の言い方をすれば、ブロックチェーン技術を利用する取引では、仮想通貨の所有事実を証明する固有の文字列を使って情報のやりとりを行い取引履歴は公開されるため、いかなる情報も完全に公開されないわけではなかった。

そこで登場するのが、Zcashだ。

Zcashは、取引追跡ができない完璧なプライバシー保護を謳う仮想通貨で、以前はZerocashとも呼ばれていた。

10月末に登場したこの新たな仮想通貨は、Bitcoinのセキュリティ強化版だとも言えそうだ。

Zcashの比較的に優れた匿名性は、「ゼロ知識証明」という技術によって支えられている。

ゼロ知識証明とは、ある命題が正しいことを証明する場合、相手に「その命題は正しい」ということ以外は何も伝えずに示す方法である。

これによりZcashは、仮想通貨の量を外部に秘匿した状態で決済できるのだ。

■Zcashのローンチ後、最新の反応は?Zcashのローンチに対して、日本国内ではまだ目立った反応は少ない。

しかし、海外では一部の大手メディアが取り上げるなど、Zcashが注目を集めているようだ。

そこでも、Zcashの高いプライバシー保護の特徴が目立っている。

米ニューヨークタイムズ紙の「Zcash, a Harder-to-Trace Virtual Currency, Generates Price Frenzy」や、英タイム紙「Zcash takes on bitcoin by offering total anonymity」は、追跡の難しさや、匿名性の確保といった文言で見出しを飾りながら、新たな仮想通貨の登場を報じた。

Zcashは、Poloniex、Kraken、Coincheckなどに上場している。

Poloniexでは、初日に1ZEC/3,299 BTC(約2.4億円)の高値をつけた。

Zcashはローンチ前に先行取引(When Issued Trading)が行われていたため、先立ってZcashを手に入れローンチ直後に売り抜けた人は、利益を得ているだろう。

しかしその後は、一気に値を下げ11月4日頃には1ZEC/1.0〜2.0BTC程度で取引されている。

まだ取引開始から間もないこともあり出来高は日によって差が大きく、11月4日までは399.1714〜2542.922ZECで推移している。

Poloniex の11月4日14:30頃の24時間取引量はZEC/USDTが約10万USDTであるのに対し、BTC/USDTは約150万USDTである。

ZcashがBitcoin並みに流通するには、暫く時間を要しそうだ。

(提供:Innovation Hub)







posted by gorimi at 16:13 | キャッシュ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク
スポンサードリンク